本文へスキップ

27th Alumni Association

彩の国いきがい大学東松山学園 2011年4月入学、2013年3月卒業の第27期生校友会です。

共通行事のページ

本  文

校友会パークゴルフ大会レポート

  • 〇 天高く皆肥ゆる秋の10月5日、27期校友会主催のパークゴルフ大会が催されました。当日は暑い日差しもなく、また雨の心配もいらないという、程よい天気となり、4科合わせて38名と程よい人数が集い、ゴルフ、バーベキューとおおいに英気を養う一日となりました。
  • 〇 会場は日高市にある『サイボク』のパークゴルフコースと併設のレストラン。ゴルフコースへ向かう道
     『サイボク』は肉と野菜等の農産物販売をはじめ、レストラン、温泉もある食のレジャーランドとなっており、遠方からたくさんの人が来る人気スポットです。皆さんも一度は訪れたことがあるのでは。余談ですが、昔は肉を売る小さい店があるだけで、その周りを豚が走りまわっていました。
     その後店内で肉を見たら走っていた豚がチラついて肉が買えなかったというご婦人が近所におりました。


38名全員集合

  • 〇 駅からの送迎バス、マイカー、自転車、徒歩等で9時40分までに集合。
     全員が揃ったところで、いつも元気な原嶋会長の挨拶で皆に気合をいれ、コースの人からルール、注意事項の説明を受け(皆神妙に聞く)、いよいよスタートとなった。ちなみにパークゴルフは北海道の公園で生まれたそうです。

画像の説明

ルール説明

画像の説明

コース

  • 〇 コースは全18ホール。A,Bコースに分かれ各9ホールでルールは普通のゴルフとほぼ同じ、専用のクラブ、ボールで行います。グリーンのカップの大きさは直径20センチ強あり、これがいつものゴルフのカップだったらなと思った人も何人かいるのでは。
     一組3〜4人で校友会はAコース5組、Bコース5組でスタートした。本日初めてという人が多く、コツがわかるまで、強すぎたり弱すぎたりで、イーグルもでればOBもでるという波乱の出だしとなりましたが、各組とも常に歓声、笑いが絶えず楽しく、熱いプレーが繰り広げられていました。そしてああ打、こう打とやっているうちに、あっという間に2時間がたち、A,Bコース18ホールを終了。パークゴルフも面白いなと思いながら次のホール、お待ちかねのサイボクレストランへと移動。

画像の説明

戦い済んで 福祉環境科

画像の説明

戦い済んで 美術工芸科

  • 〇 サイボクレストランは平日ですが席待ちの人もおりかなり繁盛の様子。着席後まず結果発表。輝く優勝者は地域創造科の端さんでした。病み上がりはウソかと思うような、他を寄せ付けない(?)スコアです。表彰状を受け取り、皆の盛大な拍手をうけました。終了後はお土産を買い込んで 2位3位以下同文。バーベキューの肉はさすがにサイボクだけあっておいしく、各テーブルはビールを飲みながら心地よい疲労と美味しい肉で話が弾む。最後にサイボク製品が当たるくじでソーセージ等のお土産をいただき、ちょっと得した気分になる。これで大会行事は無事終了。以後は自由行動で解散となりその後皆さんがどうされたのかは私の知るところではありません。
     最後に、このような楽しい一日を企画、準備していただきました役員の皆様に感謝してパークゴルフ大会のレポートを終わります。
レストラン
バーベキュー

画像の説明

優勝者表彰

画像の説明

賞品授与

27期校友会広報担当 戸張久男


善光寺参り『日帰りバス旅行』平成27年5月27日 スケジュール *東松山駅西口出発(8:10)?寄居PA、横川SA、松代PA経由長野IC?昼食所信州そば蔵着、昼食、買い物(10:30〜11:40)?善光寺着(12:10)?参拝、買い物(14:00)?善光寺発マンズワインワイナリー着(15:00)?工場見学、試飲、庭園散策(16:20)?松代PA、横川SA、寄居PA経由?東松山駅西口着、解散(18:20)

* 好天に恵まれた五月晴れの5月27日27期校友会主催のバス旅行を実行致しました。当日は校友会員61名中、実に38名という多くの会員の参加を頂き企画員メンバーとしましては満足のゆく行事であり、御協力いただいた皆様にまず冒頭に感謝の言葉を述べさせて頂きます、有難うございました。

* 東松山駅に8時集合8時10分出発の、当初より早めて頂いた時刻も皆さんのご協力で時間前にスタートが出来た。車中、原嶋会長はじめ各クラス長より近況報告、各クラブよりの近況、PRを頂き、27期の益々の活発な活動状況を皆さん確認されたようです。

回向柱の前で記念撮影善光寺の巨大額、鳩が何羽見つかるかな

* その後は『ふるさと伝承科』の小出部長さんがひきいる『史歴クラブ』方々に特別にお願いして、今回参拝する、善光寺についてのレクチャーをして頂いた。
 “前立御本尊の7年に1度の御開帳”の歴史、“善光寺の歴史物語”(善光寺縁起)、“牛にひかれて善光寺参り”の民話、“善光寺と戦国武将”の関わり“そして最後に“善光寺御開帳 ご参拝のつぼ” なかなか知る事の出来ない興味深いお話を参拝直前にして頂いたことの意義は大変大きかった、実感である。バス旅行でこのような真面目なお話を聞かせて頂いた事は確実に来世に繋がりますよ、合掌!! 
 急なお願いにも関わらず資料をまとめて頂いた『史歴クラブ』の皆さん、本当に有難うございました。

* 長野インターを降り、早めの信州そばの昼食を済ませ善光寺には、ほぼ時間通りの到着(12時過ぎ)。混雑を予測した名ドライバーさんの機転で順調に門前まで到着する事が出来た。境内は物凄い混雑、以後はクラスごとの行動を基本として14時の再集合を確認し散会した。(この後再集合までの記は『ふる伝クラス』の行動である、念のため)

回向柱にタッチ

* 御本尊に繋がる金糸で結ばれている回向柱には長蛇の列、ましてや前立本尊を間近に拝むことが出来る内陣参拝はとても1〜2時間では参拝できそうもなく本堂正面からの外陣参拝に切り替えた。それでも少し遠くではあったがお前立ち御本尊を垣間見ることが出来た。その後境内を散策、回向柱近くに帰ってきたところ、行列の途切れに遭遇、早速並んで30分程度で回向柱にハイタッチする事ができた。これで来世は安泰かな?
 その後門前町周辺を散策、買い物、買い食いを楽しんで14時頃善光寺を後に次の目的地マンズワイン小諸ワイナリーに向かった。

* ワイナリーでは工場見学後待望の試飲会、これが制限なくフリーであった。
 少々戴きすぎの傾向は見受けられたが“日本のワインもまだまだ捨てがたき”美味しいワインを存分に戴き帰路に就いた。
 帰路車中では企画でまとめた『青春愛唱歌集』(全35曲)をカラオケの先生、端企画委員のリードのもと全員で合唱、おおいに楽しみオールド青春を満喫した1日であった。

ワイナリー日本庭園『万酔園』ワイナリー工場内
ワイナリー日本庭園『万酔園』
ワイナリー工場内
企画担当 地域創造科   端 清照 
     福祉・環境科  山本小夜子、横川義計
     ふるさと伝承科 臼澤一枝、山本 稔
     美術工芸科   佐々木和夫

文責    山本 稔
編集、写真 大堀重雄


松連協主催の「ウオーキング大会」に参加

続々集まる参加者たち

 5月22日(金)新緑の武蔵丘陵森林公園に松連協各期のメンバー全体で215人参加して開催されました。

 27期からも32名の皆さんが参加しました。

 南口ゲート前で9時30分から受付、
 入場し10時から入口近くの芝生広場で開会式、
 そして全体で準備運動
 バッチリ 

  

参加者全員で集合写真

全員で準備体操

 さー出発です。

 コース、距離、時間は各期、得意な方法で楽しんで良いとの事でした。
 どのグループも森林公園に詳しいリーダーがいるようです。
 初夏を思わせる日差し、また深い緑の林、木漏れ日を浴びて目的地へ

ポピー畑で記念撮影

 ウオーク、ウオークです。
 運動公園〜ポンポコマウンテン〜ポピー畑
 久し振りの仲間とワイワイ会話もはずみ、楽しいな。

 我われグループは更に野草公園を見学し都市緑化植物園へ

  
ポピー畑の別グループ

 日陰のベンチを見つけ待ちに待ったランチタイムです。
 皆で持ち寄ったお弁当、おかず、菓子を分け合っていただく。運動した後なので一段と美味しかったヨ〜

 展望広場前でバーべキュー を楽しんでいるグループも居ました
 また園内バスで移動するグループも。

  

山田城跡にて

 私たちは鎌倉街道を歩いた。園内に詳しいリーダーの案内で往時を偲び、細い曲がりくねった昔道を南口終点まで歩いた。
 疲れたけど楽しかった。

 27期は各科ごとに自由に行動したので、早いグループは昼過ぎには解散したグループもあったようですが全員けがもなく15時の解散時間までには戻ってきました。

 爽やかな天候、緑いっぱい森林浴を楽しんだ最高の一日でした。また来年の《ウオーキング大会》みーんなで参加して楽しみましょう。

広報係  27期 福祉、環境科  瀬戸 弘 記