本文へスキップ

いきがい大学東松山学園 2011年度4月入学生のページです。

第27期自治会のページNEWS&FAQ

新着情報

2013年 3月14日
修了式と卒業懇親会開催報告を掲載いたしました
2013年 3月14日
自治会解散総会・校友会設立総会開催報告を掲載いたしました
2012年 4月25日
27期生2学年度自治会総会開催報告を掲載いたしました
2012年 4月16日
原嶋自治会長の「最終学年を迎えて」を掲載いたしました

記事

27期いきがい大学東松山学園修了式と卒業懇親会

開催日:平成25年3月7日

 今年の、厳しかった寒さが緩んだ3月7日午後、東松山学園2年制27期の修了式が執り行われました。校歌斉唱、学園所長壇原様の“四季の移ろいが有り、自然環境豊かな環境で学んだ2年間の学園生活に及ぶお話”。原嶋自治会長の“平常でない雰囲気を醸し出ているとの事での、2年間の総括と、今後の活躍、実践に及ぶお話”。28期自治会長石塚様のお礼とお祝いのお言葉。11名に及んだ皆勤賞授与式。学生自治会よりの学園寄贈品の伝達式が行われた。その後は散会、懇親会会場の紫雲閣に向かう。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

 懇親会はふるさと伝承科の清治様の司会にて、自治会長挨拶、学園所長挨拶と続き、2学年時お世話になりました、小杉先生の乾杯の音頭で始まり、踊りあり、歌あり、マジックありで大いに盛り上がった。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

記:27期広報担当 深澤 勲



27期自治会解散と校友会設立総会

開催日:平成25年3月7日

 長かったり、短かったりと感じ取れた2年間の“27期いききがい大学の学生生活”に本日を以て区切りを付け、新たに、期間限定なしの“27期松連協”が多くの学生の賛同を得て、設立されました。

画像の説明

会長あいさつ 原嶋会長

画像の説明

司会 大木総務委員長

画像の説明

佐久間企画委員長

画像の説明

島田財務委員長

画像の説明

増矢監事

 我々学生を束ねて戴いた、原嶋自治会長の“役員、学生の協力を得て、2年間を無事過ごし、特に学園祭で皆様の一致団結の盛り上がりの中で、素晴らしいお祭りができたことを昨日のように思い出しました”との挨拶。佐久間副会長の事業報告、島田副会長の決算報告と、ふるさと伝承科増谷章様の会計監査報告とつづいて大木副会長の閉会宣言により、27期自治会解散式は終了となりました。

画像の説明

2年間絶えなかった飾り花

画像の説明

福祉環境 浅見さんへ感謝の記念品

 引き続き校友会設立総会が、美術工芸科黒沢晃様の司会により、ふるさと伝承科長南みどり様の開会宣言、原嶋校友会設立準備会会長の“今後の皆様の活動の受け皿と考え、校友会を設立し、入会希望者も約80名、過去の期にはなっかた、多くの入会者となった、今後は残された時間の中で、大いに楽しみましょう”との挨拶。
 来賓の学園所長壇原様の“27期学生の活動概要、特に各科の花壇整備、地域創造科の農園の活動状況と成果のおすそ分けの御礼、28期への滞り無い申し送りなどの報告。松連協現会員962名に27期会員を迎える、事、松連協の活動状況の概要説明、及びボランティア活動への会員の参画状況等お話を戴く。

画像の説明

開会の言葉 長南さん

画像の説明

来賓あいさつ 檀原所長

画像の説明

議長 坂本さん

画像の説明

中田財務委員長

画像の説明

深澤広報委員長

画像の説明

閉会の言葉 中條さん

 続いて議長に美術工芸科の坂本博秀様を選出、議事進行に移る。地域創造科大木勇様の校友会規約案の審議、議決。美術工芸科佐久間秀雄様の事業計画案の審議、議決。ふるさと伝承科中田勝彦様の予算案の審議と会員による活動費に対する、予算計画案への意見具申と討議、結果メールと学園HPにより伝達の周知徹底となり議決。福祉環境科深澤勲による役員案の審議、議決。以上にて案件は全て成立となり、黒沢晃様の新役員全員の紹介となりました。
 27期校友会会長原嶋康夫様による“真っ暗闇の海に新しい船を漕ぎ出す事は、会員一人一人のご協力がなければ成り立たない。皆様の力以て真っ直ぐに舵を取ることができる”との挨拶を戴く。設立総会の締めは、地域創造科中條アサ子様の閉会宣言を以て終了。その後校友会クラブ活動(9団体)の概要説明、入会案内等が有り、散会ととなりました。

記:27期広報担当 深澤 勲



27期生2学年度自治会総会開催報告

 平成24年4月12日27期生2学年始業式に引き続き、自治会総会が開催されました。当日は快晴の下学園の満開の櫻と、各科の環境整備委員のご努力による花壇の花の競演に迎えられ全員が感激した。

 自治会総会は、各担当がそれぞれの範疇を、春休み返上で作り上げ、且つ当日の早朝登校で、準備配布した、総会資料に基づいて執り行われた。中條理事の開会の言葉始まり、原嶋自治会会長の挨拶、檀原学園所長様の挨拶と続き、選任された原嶋議長の進行によって、各議案を担当した佐久間副会長、島田副会長、小澤監査、大木副会長、の順番にて審議・議決され滞りなく進み、黒澤理事の閉会の言葉で閉められた。尚審議・議決の中で会員による委員に対する思いやりの発言、事業計画・事業予算執行に関して貴重な発言が有った。これらはこれからの自治会活動に於いて反映される事となると思われる。

広報担当 深澤 勲

原嶋自治会会長コメント

 27期学生自治会・総括総会は同期の仲間支えられ、何とか一年の峠を越えることが出来ました。ありがとうございました。さて、24年度は最終学年、カリキュラムも天こ盛りです。課題学習、学園祭、修学旅行等々、特に学園祭は専科4期と合同開催になる様ですので、昨年26期と合同開催した時に、調整が大変だっただけに、今年は28期も含め、お互いに考え方を整理して調整して臨まないと、大変な事になりそうな気がする。しかし考えすぎでは前に進めない。身体のどこかに残る、少しばかりの若さに、檄をとばし、リーダーシップを発揮して、元気に乗り越え、新しい世界に巣立ちたい。

原嶋 康夫

二年次のスタートを祝す <檀原学園所長様>

 27期学生自治会総会は全ての議案を承認し、めでたく二年次をスタートされました。
 さて、4月17日の平成24年度彩の国いきがい大学入学式は、学生自治会の皆様に受付のご協力をいただき、心から御礼を申し上げます。おかげさまで東松山学園は、二年制課程に97名、専科コースに81名の新入生をお迎えしました。
 新入生を歓迎するため、学生自治会を挙げて中庭の花壇に沢山の草花を植えていただきました。新入生は先輩の優しい心遣いに感動されることでしょう。

東松山学園所長 檀原美明

佐久間自治会副会長コメント

 自治会活動の1年目に、主力は、26期生との学園祭の実施運営に注いだが、作品展示は、全員がリハーサル日に見られたが、各科とクラブのステージ演目は、ほとんどの生徒は見れなかった。次回に工夫の余地があろう。本年度は、専科との合同開催案が浮上しているが、その場合には、昨年以上のエネルギーと緊密な協力体制が求められよう。
 新たな事業に、修学旅行、卒業アルバム作成、卒業記念パーティー、卒業記念品の贈呈などが加わる。最後の年なので、楽しんでやりたいものである。

 副会長 佐久間

島田自治会副会長コメント

 23年度の予算案作成に当たっては、皆目分からないまま26期生のものを参考にしたため、消化不良の決算になってしまった事を反省している。24年度は新規事業が多く、また、残金を校友会に移行しないためにも、予算執行を確実に行いたいと思っている。ご提案のあった広報誌「なかま」4号と「卒業アルバム」の合本については、両委員会にご検討を委ねたい。

会計担当 島田精一

大木自治会副会長コメント

 総務委員会を担当します大木です。
 平成24年度の事業計画、予算執行等について皆様から活発なご意見を頂きました。これからの活動にうまく反映していきたいと考えています。
 又今回の学園祭では、専科・27期・28期生の合同開催との新たな取組み課題が出されました。学園祭実行に向けて我々27期生が先に立って組織作りを進めていかなければと思っています。皆様のご支援、ご協力をお願い致します。

大木 勇

皆さん こんにちは <小杉学園専門員様>

 4月より引間専門員に代わり、熊谷学園2年制課程より赴任しました小杉友治(こすぎともじ)です。歴史ある東松山学園ですので緊張しきりです。引間専門員の様にうまく皆さんと信頼関係を築き、皆さんの学園生活に少しでもお手伝いできればと思っています。今後ともお指導のほど宜しくお願い致します。



最終学年を迎えて

 (東松山学園27期生として)

原嶋自治会長

 いつもの年と同じ様に、厳しい寒さに耐え、きれいな花と共に春が訪れ、判れから出合いに移る季節になりました。
 還暦を過ぎても尚、燃えのこる青春のたくましい意志と、豊かな想像力、炎える情熱をもつ、男・女が集う東松山学園第27期生も、最終学年を迎えることになります。
 卒業年次を迎える今年は、もり沢山のカリキュラムが組まれています。

・課題学習の成果作成及び発表
・学園祭の実施
・修学旅行

 特に、課題学習については、各科の各班とも、調査研究、整理等とりまとめに時間がかかり、授業時間以外の時間を取る事になると思われます。
 元気を出し、しかい無理をせず、自分のペースで健康に注意をし、青春の残り火を燃やし、この一年を乗りきり、楽しい学園生活を終りましょう。

第27期
自治会長
原嶋康史

バナースペース

課題学習のページ
第27回学園祭
  

彩の国いきがい大学東松山学園

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1587

TEL 0493-22-0295
FAX 0493-22-1648