本文へスキップ

いきがい大学東松山学園 2011年度4月入学生のページです。

学年共通行事NEWS&FAQ

新着情報

2012年 3月29日
学園の26期生卒業式に参加して
2012年 3月17日
H23年度終了式
2012年 1月13日
3学期始業式
2012年 1月13日
3学期予定表
2011年 12月28日
2学期終業式
2011年 11月28日
平成23年度 避難訓練結果
2011年 9月25日
第26期生課題学習発表会
2011年 9月10日
2学期予定表
2011年 9月8日
2学期始業式

記事

学園の26期生卒業式に参加して

記:広報担当 深澤 勲

 平成23年3月22日(木曜日)、南浦和の“さいたま市文化センター大ホール”に於いて午後1時より“平成23年度彩の国いきがい大学卒業式”が執り行われた。1年生課程:6地区、1年生課程専科:2地区、2年生課程:4地区。合計12地区に及び卒業生は総計1113名をを数えた。
 式次第は開催宣言後、全員による“埼玉県歌”斉唱、上田学長からの学生代表への“卒業証書授与”上田学長挨拶 “いきがい大学に於ける、新しく多くの友人の拡がり、新しい学識の取得、学び・教えるという機会の獲得。過去の祖国の外国人に驚嘆された、礼儀、道徳、多くの人の識字力等。又埼玉県の長寿健康プロジェクト等”に話が及んだ。続いて来賓の埼玉県議会議長鈴木聖二様のお祝いの言葉、来賓の方々のご紹介、祝電の披露、卒業生代表熊谷学園自治会長根岸武雄様のお礼の言葉、全員による“蛍の光”斉唱でお開き。続いて各科の壇上に於ける記念撮影が行われ、式典が閉められた。



27期 H23年度終了式

3月15日(木)14:45~、引間先生の司会で実施された。

壇原所長の挨拶

H23年度を振りかえりにあたり、
広報誌「なかま」2号の編集後記に山口編集委員が記載された「一年間お世話になりました」又松本編集委員の「なかま」のお陰でこれからもずっとずっとなかまでいられたらなあ・・・とありますように、これからも皆さんと「良いなかま」で過ごしたいと思います。
 一年間お疲れ様でした。
 課題学習の先生要請依頼が沢山来ており、例年比で早めの進み方です、皆さんが課外学習をしっかりやって戴いており頼もしく感じております。
 課題学習についても、専科でもやり・発表方法や発表場所等や新しい方法を取り入れても良いのでは、良い案が有りましたら連絡を御願い致します。
 H24年の学生募集を致しましたが専科の「ボランティアコース・共生コース」2年制の「地域創造科」の追加募集をしております、是非紹介を宜しく御願いします。
 春休みは交通安全・健康管理に注意されて、4月12日(木)には全員が元気な姿でお会いいたしましょう。

原嶋自治会長の挨拶

 東日本大震災の津波で陸前高田の御家族が亡くなった方の事を思うと『涙』が出て来ます、この一年は地震・豪雨・豪雪と自然災害に苦しめられた年でした。
 27期の皆さんはいろいろと自治会への御協力有り難う御座いました、来年度は課題の学習にあたり楽しく・元気に・健康と安全に注意されて『素晴らしいまとめ』が完成される事を祈っております。
 今年度一年大変お世話になりました、来年度も宜しく御願い致します。
 4月12日には元気にお会いしましょう。

大変お世話になりました

 我々のマドンナ引間先生/柴田先生が3月吉日で退職されます。
 両先生には入学時からは、何も判らない27期生徒の面倒を見て戴き、本当に有り難う御座いました。
 引間先生・柴田先生 健康に注意され御元気にお過ごし下さい。

以上 望月 記



3学期始業式

平成24年1月12日 10:00

校歌斉唱

 始業式はホームルームの時間に先立っておこなわれました。最初に全員で校歌を斉唱し、ついで壇原所長よりあいさつがありました。

① 新年を迎えたが、昨年は大震災という大きな出来事があり、復旧もまだ十分進んでいない。「できる」支援を引き続きお願いしたい。

② ああした事件があってみると、何事もなく生活できること、こうして皆さんと顔を合わせられることが何よりの幸せであると実感できる。 

所長挨拶を聞く

③ 今年は辰年であり、上昇の年である。学園生活でそれを実現してほしい。3学期は課題学習の取り組みが始まる。

④ 学園からのニュースとして、ホームページがリニューアルされたこと、校友会が学園内外を清掃、整備してくれたこと、学園としてフェンス修理、屋根の補修、塗装を行ったことなど。

⑤ 最後に、今年は寒いが、健康に気を付け元気に過ごしてほしい。

製作担当



3学期予定表

<行事・合同学習> AM

回数 月日 曜日 当番 行事・合同学習
33 1/12 福祉環境 始業式・「地域とボランティア」(アクティブライフ支援対応)⑦
34 1/19 ふるさと 課題学習オリエンテーション
35 1/26 美術工芸 「版画芸術と地域文化の振興」
36 2/02 地域創造 課題学習についての2年生からのアドバイス
37 2/09 福祉環境 「高齢者のスポーツと健康管理」
38 2/16 ふるさと 課題学智の進め方
39 2/23 美術工芸 課題学習設定会議 I
40 3/01 地域創造 課題学習設定会議 Ⅱ
41 3/08 福祉環境 「相続と遺言」
42 3/15 ふるさと 終業式・「日本文化の特質と現代社会」

<福祉・ふるさと> PM

回数 月日 福祉環境科 ふるさと伝承科
33 1/12 「企業が取り組む地域活動」
 (美術工芸科と合同)
「埼玉の里神楽」
34 1/19 「健康講話」①(合同講義) 「健康講話」①(合同講義)
35 1/26 「最近の児童問題」
 (地域創造科と合同)
「埼玉の歴史と民俗」
36 2/02 「健康講話」②(合同講義) 「健康講話」②(合同講義)
37 2/09 「朗読ボランティア」①
 (地域創造科と合同)
「埼玉のわらべ唄」
38 2/16 「朗読ボランティア」②
 (地域創造科と合同)
「埼玉の伝統技能」(日本酒)
39 2/23 「色で心をリフレッシューいきいき魅力
発見」(地域創造科と合同)
「ふるさとの人物に学ぶ」③
40 3/01 「地球環境の保全Ⅰ」
 (地域創造科と合同)
「民俗行事を詠む」
41 3/08 「地球環境の保全Ⅱ」
 (地域創造科と合同)
「青い目の人形の悲劇」
42 3/15 クラス別ホームルーム クラス別ホームルーム

<美工・地域> PM

回数 月日 美術工芸科 地域創造科
33 1/12 「企業が取り組む地域活動」
 (福祉環境科と合同)
「コミュニケーションの上達法」②
34 1/19 「健康講話」①(合同講義) 「健康講話」①(合同講義)
35 1/26 埼玉伝統工芸会館(施設見学・小川町) 「最近の児童問題」(福祉環境科と合同)
36 2/02 「健康講話」②(合同講義) 「健康講話」②(合同講義)
37 2/09 「臨床美術を学ぶ」① 「朗読ボランティア」①
 (福祉環境科と合同)
38 2/16 「臨床美術を学ぶ」② 「朗読ボランティア」②
 (福祉環境科と合同)
39 2/23 「油絵の基礎」① 「色で心をリフレッシューいきいき魅力
発見」(福祉環境科と合同)
40 3/01 「油絵の基礎」② 「地球環境の保全I」
 (福祉環境科と合同)
41 3/08 「油絵の基礎」③ 「地球環境の保全Ⅱ」
 (福祉環境科と合同)
42 3/15 クラス別ホームルーム クラス別ホームルーム

27期 2学期終了式

12月22日(木)15:05から21番教室で実施される。

壇原所長の挨拶
 H23年2学期を振りかえにあたり、早く過ぎてしまったと思っております。
 9月の県民活動総合活動センターでの宿泊研修は盛り上がり、特に夜は大な変盛り上がり活発な意見交換がされ、又11月の学園祭は伊奈学園・熊谷学園より多くの来賓が来られ、東松山学園は皆さんの纏まりが有ると好評でした。
 これは皆さんの協力と団結力のお陰かと思っております。
 来年度の新入学生案内を皆様にお配り致しました、四学園に増えて新入生の獲得が厳しくなっておりますことから、是非休み中は新入学生の介入を宜しくお願い致します。
 年末は大変忙しいと思いますが、温度差に注意されて「良い年をお迎え下さい」
 1月12日(木)には元気な姿でお会いいたしましょう。
原嶋27期自治会長の挨拶
 2学期は大きな行事が有りました中、皆様の協力ありがとう御座いました。
学園祭は特に女性の力一番すばらしかったです。
 今年の流行語年間大賞の『なでしこジャパン』が選ばれましたが、ベスト10の中に東日本地震の言葉が数点入っていた。
 絆・帰宅難民・3/11・風評被害等、原発事故の見通しがたっていない中、日本中で絆の大事さとカタカナ(キズナ)と漢字(絆)画数が3:11とは・・・。
 いずれにしても、人間の努力により早く復興し、来る年は皆様のすばらしい年になる事を祈っております。

『追記』 27期HP委員会より  
 H23年4月より皆様には大変お世話になりました、来年もいろいろとお世話になりますが宜しくお願い致します。「皆様の健康と御多幸をお祈り申し上げます」



平成23年度 東松山学園 27期 避難訓練結果連絡

 H23―11-10日10時40分 21番教室倉庫付近から出火と想定しての訓練を、東松山消防署の御協力により開始される。

1)10時40分 出火     2)10時43分 学生校庭へ避難中
3)10時 47分 全員無事避難完了
壇原学園長挨拶
 東松山消防署 小久保消防主任より御挨拶
4)10時50分~消火器による消火訓練を学生全員で実施する。
5)11時20分~12時  避難訓練結果の講評・講話を戴きました。

講評・・点呼が正確差と全員消火器訓練参加は大変良かった。避難中の無駄話はしない事、
    避難中の指示・注意が聞き取れなくなる為。

講話・・古い消火器の事故(加圧式)・火災報知器の設置義務化等のお話をして戴きました。



第26期生課題学習発表会

9月22日、26期生の課題学習発表会が行われました。
プログラムは下表のとおりです。

午前の部 10:30~11:50
1 ふるさと伝承科A班 忍城にまつわる話
2 福祉・環境科A班 私たちに役立つ高齢者福祉について
3 地域創造科 地域のボランティア活動の実情及び体験・調査
午後の部 12:45~15:00
4 美術工芸科B班 和紙を生かすアート
5 美術工芸科A班 酒の文化と芸術 -伝統美を表現するー
6 ふるさと伝承科B班 地場産業 小川和紙の現況と課題について
7 福祉・環境科B班 幸せへの生活術 ~もう一度生活習慣を見直そう~
パワーポイントによる課題発表の光景
  • 事前に配布されたまとめの資料は大部なもので、いずれのグループとも課題設定以下、活動に大変なエネルギーを費やしたことが実感できます。
  • 発表はすべてパワーポイントで行われました。レポートとは違う切り口からまとめられ、スライドも動きのある凝ったものが多く、判り易く作られています。
  • 全グループとも予定時間にぴったりと収まり、訓練の度合いが判ります。
  • 27期からの質問や意見はほとんどありませんでした。来年は自分たちがこのレベルの活動や発表をするかと思うと、その重さに圧倒され声も出なかったのでしょう(少なくも自分はそうです)。
  • 例外的に質問が集中したのは、福祉・環境科A班の発表でした。介護施設と介護サービスの実態に詳細に触れたもので、明日は我が身と思う人が多かったようです。
  • 最後に所長挨拶があって終了しました。26期の皆さん、お疲れ様でした。
美術工芸科A、B班の展示作品の一部

 美術工芸 野々村一彦


2学期予定表

No 月日 当番 行事・合同学習 場所
16 09/08 ふる 始業式・「これからの高齢者問題」 21番教室
17 09/15 美工 「高齢者の身体的、精神的特性」 21番教室
18 09/22 地域 26期 課題学習発表会 東松山学園
19 09/27 福環 宿泊研修(日付は各科で異なる) 県民活動総合センター
20 09/28 ふる 宿泊研修(日付は各科で異なる) 県民活動総合センター
21 10/06 美工 「ゆたかなセカンドライフのために」 21番教室
22 10/13 地域 「現代社会と経済」 21番教室
10/15 専科 学園祭 東松山学園
23 10/20 福環 「宇宙開発こぼれ話」 21番教室
24 10/27 ふる 「関係者の協力による地域づくり」 21番教室
25 11/10 美工 避難訓練 東松山学園
26 11/12 地域 学園祭(リハーサル) 東松山学園
27 11/13 福環 学園祭 東松山学園
28 11/24 ふる 「秘境ムスタングに黄金郷を作る」 21番教室
29 12/02 美工 公開学習 さいたま文化センター
30 12/08 地域 「多文化共生の地域づくり」 21番教室
31 12/15 福環 「防災と気象」 21番教室
32 12/22 ふる 終業式・「これからのおしゃれ学」 21番教室

2学期始業式

(この記事は学園ホームページに掲載頂いたものと同じです)

 27期の2学期始業式が9月8日(木)に行われました。

 校歌斉唱に続き、檀原所長から次のような挨拶がありました。

  1. 夏休み中も在校生、卒業生が登校し、様々な活動を行った。クラブ活動、26期生の課題学習、花壇整備や森の草取りなど、たいへんご苦労であった。24期の「きみちゃん田んぼ」は収穫の準備に入ったとの報告があった。
  2. 2学期は9月末の宿泊交流会、11月の学園祭と、大きな行事が控えている。一致協力して進めてほしい。
  3. これからは天候もよく良い季節になるが、残暑は厳しいというので体調管理に努めてほしい。

始業式の終了後、授業やクラブ活動が予定通り行われました。

 (写真1)ひと月ぶりに再会した仲間たち     (写真2)挨拶する檀原所長



HP委員会    

バナースペース

課題学習のページ
第27回学園祭
  

彩の国いきがい大学東松山学園

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1587

TEL 0493-22-0295
FAX 0493-22-1648