本文へスキップ

いきがい大学東松山学園 2011年度4月入学生のページです。

第27回学園祭HEADLINE

 第27回学園祭の事前情報をできるだけ掲載し、3学年の情報共有を図ります。

目次

記事

第27会合同学園祭開催(平成24年度)

 第27回学園祭が開催されました。今回は初めての試みとして、学園で学ぶ2年生課程及び専科の学生合同による学園祭となりました。
 初期、学園提案趣旨の先行したHP掲載、3学年合同の難しさ、伝統継承の理解の温度差、等々多くの問題があったが、会合を重ねる毎に互の理解も深まり、開催準備も整い11月17日に第1日目の開催となりました。

開幕は学園祭実行委員会事務局長:佐久間様の“合同委員会の経緯、天候危惧が学生の熱意が天に通じ降雨なくして開催された喜びの言葉”
学園祭実行委員会委員長:原嶋様の“ご来賓への感謝、3学年合同による作品とステージプログラムへの言及、過去の苦労を忘れシッカリと楽しもうとの言葉”
学園所長:檀原様の“実行委員会、学生への労い、ご来賓、ご近所の方々へのお礼、ゆっくりと楽しむとのお言葉”
いきいき埼玉理事長:関本様の“今回のスローガンへのメッセージ、次年度の学生募集の事、学生が大いに楽しんでとのお言葉“と進み、順次ご来賓紹介、スローガン、ポスターの表彰式でお開きとなる。

 オープニングは、寒い中、待たせてしまった、舞台衣装の先輩方々による4曲のオカリナ演奏を拝聴して、グランドでの行事は降雨なくして完了した。
 ステージプログラムは、後輩による合唱で始まり、寸劇の“本物はどっち”ふるさと伝承科A班踊りの“彩の国音頭、巣鴨でデート”福祉環境科、歌と踊りの“麦畑”地域創造科、合唱と寸劇“百万本のバラ“美術工芸科、寸劇と船歌“川越舟歌”ふるさと伝承科B班と続いた。
 発表終盤は、各係りを終えた学生がホールに参集、出演者と観客が一体となり、また一般客より可愛らしい掛け声も貰い大いに盛り上がりあって、第一日目を無事お開きとした。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

 11月18日(日)学園祭二日目、昨日は一日中心配された空模様でしたが、今日は朝から快晴!
 午前10時に全員がグランドに集合、各科プラカードを先頭に朝礼が行われた。佐久間事務局長による本日のスケジュールの説明、続いて昨日弁当が足らなかった問題について島田会計から、皆さん 「本日は二個食べないで下さい!」の注意喚起の説明に一同ドッと笑いが起きた。又昨日完売したバザーの売り上げ状況と喫茶の売り上げ中間報告があり本日のご利用を呼び掛けた。朝礼が終了各係が持ち場につきステージ発表も時間通り開始となった。
 各クラブが演じるステージでの発表に客席も常に満員の状況で、各演目の発表に大きな拍手や、歓声が飛び、日頃練習してきた演技や歌が披露され、スムーズな進行で経過した。
 このステージ発表の最後の演目、27期マジッククラブの発表に皆が駆けつけマジシャンの手元に観客の目が注がれた。見事な演技に笑いと歓声!そして大きな拍手で最後を飾った。
 15時10分~予定時間より少し早く閉会式が開始され、学園祭副実行委員長の石塚様(28期)の閉会の挨拶が述べられた。今回の27期、28期、専科4期が合同で学園祭を開催した東松山学園に新たな歴史が作りられ無事終了することが出来た、二日間の中で若干の問題、反省点はあるが概ね成功と云ってよいのではと思っています。特に、27期の皆さんが先頭に立ってリードのお蔭と学園スタッフの皆さんのご支援のお蔭という、感謝の言葉だ述べられました。また急遽檀原所長が壇上に上げられ、今回の学園祭の好評を求められ、只一言「皆さんありがとう」のお言葉、この一言で今回の学園祭が成功したと言っても良いのではないかと思う。全員が喜んだ。
 最後は副実行委員長の山下様(専科4期)による万歳三唱で学園祭を締め閉会となった。

尚、今回の来場者 ( 総務係受付の集計)
  11月17日:来賓19名プラス1名 合計20名。校友会オカリナ演奏者46名
         一般来場者188名 
  11月18日:一般来場者101

写真提供:合同学園祭広報写真担当者、記:大木様、深澤



開催概要

1.日時
  平成24年11月17日(土) 10:00~16:00
       11月18日(日) 10:30~15:00
2.場所
  彩の国いきがい大学 東松山学園
3.主催
  彩の国いきがい大学 東松山学園
  2年制課程27期、28期、一年制課程専科4期 各学生自治会
4.内容
  ステージ発表:各クラス、クラブ
  作品展示:写真、絵画、書、陶芸、手工芸、その他
  オープニングイベント、バザー、子供コーナー、喫茶室



第27回スローガン及びその選考経過

 未来に繋ごう 地域の輪

27期 美術工芸科 佐久間 秀雄 作

応募数
応募点数 一時審査通過
専科4期   47    3
27期   65    5
28期   95    7
合 計  207   15
最終選考結果

 審査日時:平成24年7月24日(火)9:30~12:00

区分 作 品 名 氏  名
優秀作品 未来に繋ごう 地域の輪 27期 佐久間 秀雄
佳 作 学べる楽しさ 活かせる喜び 専科4期 猪鼻  光
楽しく学び 地域で活躍 27期 小出 雅利
楽しく学んで 笑顔で貢献 28期 中嶋 政江
であい ふれあい たかめあい 28期 徳山 秀雄


ポスターとその選考経過

27期ふるさと伝承科 小出 雅利 作

応募数   22点

選考方法
 1次選考
  出席者による2点投票で上位4点を選考
 2次選考
  上位4点を、出席者の挙手で最終選考

選考結果
 優秀作品1点、佳作3点を選考

 優秀作品
   小出 雅利(27期ふるさと) 

 佳 作
  ① 齊藤 義信  (27期美工)
  ② 長井 マサ子 (28期ふるさと)
  ③ 西澤 正彦  (28期ふるさと)




(ポスターをクリックすると拡大します)

  


合同学園祭実行委員会 決定事項(第1~5回)

第1回実行委員会(6/11) 決定事項
  • 実行委員会開催日程・・・計7回を計画
  • 実行委員連絡網の整備・・・広報係のもとで整備、各期にデータを依頼
  • 合同学園祭組織・・・各期ごとに係別の人員配置を示す組織を作成(総務、運営、機器・装置、広報、作品展示、内会場、外会場、バザー、喫茶、会計等)
  • スローガン・ポスターの募集・・・ポスターの選考7/24、ポスターの選考9/4
第2回実行委員会(6/19) 決定事項
  • 学園祭の開催・・・本番2日間とする。全体リハーサルなし、リハーサルは各期個別に実施
  • 実行委員の出欠確認方法・・・実行委員名簿を事務局が用意
  • 実行委員会の議事録担当・・・各期事務局の輪番制
  • 懇親会の実施・・・7/2(月)13:00~(ボッシュ会館)
  • 合同学園祭費用負担・・・各期ごとに12万円の均等負担
第3回実行委員会(7/2) 決定事項
  • 合同学園祭組織について・・・間もなく全体集約(7/13、事務局で配信開始)
  • スローガンの提出・・・・  7/24に各期の一覧を持参
  • 合同学園祭費用負担・・・・ 人数比で再調整(27期12万、28期13万、専科4期11万円)
  • 学生行動要領・・・学園祭が近づいたら作成・配布
第4回実行委員会(7/24) 決定事項
  • スローガンの選考について・・・優秀作品1点、佳作4点を選考。スローガン決定を踏まえ、ポスターの募集に入った。
  • ステージプログラムの確認・・・中間状況を確認
  • オープニングアトラクションの進捗状況・・・・校友会音楽系サークルに依頼
  • 作品展示の募集予定・・・9月初旬に出品申込書を配布予定
  • ポスター掲示先・チラシ配布の依頼先・・・9月に準備
  • 学園祭招待者名簿について・・・昨年のものを基本に検討
  • スローガンの題字について・・・24期藤武氏へ依頼
  • 合同学園祭の概要・・・事務局で検討
第5回実行委員会(9/11)) 決定事項
  • ポスターの選考結果について・・・優秀作品1点、佳作3点を選考
  • オープニングアトラクション・・・校友会サークル・オカリナに決定
  • 来賓招待者・・・30名(川越・入間・熊谷学園の所長・自治会長を追加)
  • 駐車場・・・・ボッシュ2ケ所使用(石橋、グランド)
  • ステージプログラム・・・演目は、所定申込書を用意。
  • ポスター・チラシ配布先・・・前年度分28ヶ所に新規招待分を追加
  • 喫茶メニュー・・・コーヒー、紅茶、こぶ茶(抹茶なし)
  • 学園祭準備日・・・11/7~9の13:30~。各係毎に、各期登校日の作業分担を決めて準備・設営。
    ※27期の各係責任者は、必要に応じて28期、専科4期の作業に立ち会う。(指導・助言)。
  • 学園祭リハーサル・・・11/14~16。各期登校日に各期毎に実施。
    ※27期の運営係責任者は、必要に応じて28期、専科4期実施に立ち会う。
  • 11/16(金)15時に、各係責任者、役員会メンバーは集合し全体確認
  • 学園祭当日の出欠受付は、各期共、学習日程表の当番クラスが担当


第27回学園祭プログラム

開会式(11月17日)
集合: 9:50
時間:10:00~10:20
場所:東松山学園グランド
司会:副事務局長(第27期)小高 棣
  1. 開会の言葉 学園祭実行委員会 事務局長(第27期)   佐久間秀雄
  2. 校歌斉唱  (2番まで)
  3. 主催者挨拶 学園祭実行委員会 委員長(第27期)    原嶋 康夫
  4. 所長挨拶  いきがい大学 東松山学園所長        檀原 美明
  5. 来賓挨拶  財団法人 いきいき埼玉理事長        関本 和正
          東松山学園校友会連絡協議会会長       岩城 由光
  6. 来賓紹介
          いきがい大学熊谷学園所長          小林 守
          いきがい大学春日部学園所長         武田 史夫
          東松山市きらめき市民大学事務局長      岡本 功
          東松山学園校友会第26期校友会会長     青木 哲男
          いきがい大学伊奈学園第22期自治会長    矢島 和義
          いきがい大学伊奈学園第23期自治会長    岡  勝三
          いきがい大学伊奈学園専科4期自治会長    石田 幸弘
          いきがい大学熊谷学園第2期自治会総務委員長 新井 保夫
          いきがい大学熊谷学園第3期自治会長     磯田 壯男
          いきがい大学春日部学園第1期自治会長    内川 正男
          いきがい大学春日部学園第2期自治会長    久松 勝男
          いきがい大学川越学園第36期自治会長    山内 寛
          いきがい大学熊谷学園第37期自給会長    五味 美喜男
          青鳥小学現校長               間中 龍史
          青鳥地区自治会長              大畑 稔
          美土里町々内会会長             荻野 紘
  7. 表彰式 (学園祭ポスターとスローガン)
          実行委員会委員長 (第27期)       原嶋 康夫
  8. 閉会の言葉 実行委員会副事務局長(専科4期)      山本 修嗣

          ※雨天の場合は21番教室

★オープニングアトラクション(11月17日)
場 所:東松山学園グランド
司 会:副事務局長(第27期)小高 棣

 オカリナ演奏…‥校友会「オカリナ・クラブ」  10:25~10:45

★ステージプログラム(11月17日・18日)
場 所:東松山学園21番教室
司 会:第27期・28期・専科4期
★作品展示及びアトラクションプログラム
  1. 作品展示  :写真・絵画・書・文芸・陶芸・手工芸・その他
           31・32・33・11番教室
           展示時間 10:30~15:30
           (※18日は~15:00迄)
  2. 喫茶コーナー:11番教室 営業時間 10:30~15:30
           (※18日は~15:00迄)
  3. 子供コーナー:風船・シャボン玉等の体験コーナー
           場所⇒学園駐車場(雨天の場合は陶芸小屋)
           時間⇒11:00~15:30
           (※18日は10:30~15:00)
  4. 学園バザー :11:00~全商品完売まで
           静養室(和室)前にて開催します。
            ◆学生は混雑を避けるため12:00~
閉 会 式(11月18日)
時間 :15:15から15:30
場所 :学園裏のグランド
司会 :学園祭実行委員会 事務局長
    第27期 佐久間秀雄
  1. 主催者挨拶 学園祭実行委員会 副委員長(第28期) 石塚十三一
  2. 閉会の言葉 学園祭実行委員会 副委員長(専科4期) 山下成久


第27回学園祭ステージプログラム

24年度 第1日(11/17(土)) ステージプログラム
  1. 四季の歌(合唱)          第28期 美術工芸科 A     11:00~11:05
  2. 良い子・悪い子・普通の子(踊り)  専科4期 郷土を知るコース    11:07~11:22
  3. 本物はどっち(寸劇)        第27期 ふるさと伝承科 A   11:24~11:31
  4. 四季の歌・ズンドコ節(手話と体操) 第28期 福祉・環境科 A    11:33~11:40
  5. 唐子よさこい(踊り)        第28期 福祉・環境科 B    11:42~11:47
  6. 彩の国音頭・巣鴨でデート(踊り)  第27期 福祉・環境科      11:49-12:02

   ○○○ 昼休み ○○○                       12:02~13:00

  1. 和太鼓演奏             専科4期 和太鼓同好会      13:00~13:15
  2. 川中島・日本讃歌          第28期のびのび吟遊(詩吟同好会)13:17~13:34
  3. 合唱(手話・フォークダンス)    専科4期 健康づくりコース    13:36~13:51
  4. 旅人よ・花は咲く          第28期 東松山少年合唱団(地) 13:53~14:03
  5. 麦畑(歌と踊り)          第27期 地域創造科       14:05-14:17
  6. ソーラン節・よさこい鳴子(踊り)  専科4期 ボランティア・共生   14:19~14:34
  7. 百万本のバラ(合唱)        第27期 美術工芸科       14:36~14:51
  8. 知床旅情・上を向いて歩こう(合唱) 第28期 美術工芸科 B     14:53~15:03
  9. オクラホマミキサー(フォークダンス)第28期 ふるさと伝承科     15:05~15:20
  10. 川越舟唄・「ある日の上り舟」(寸劇)第27期 ふるさと伝承科 B   15:22~15:30
24年度 第2日 〈11/18(日)) ステージプログラム
  1. 金子みすずの世界          専科4期 朗読の会「ひばり4」  10:30~10:45
  2. 日本の秋を詩う           第28期 朗読「二葉(28)の会」10:47~11:02
  3. 楊名時24式太極拳・八段錦     第27期 いきがい拳(太極拳)  11:04~11:19
  4. クラブ活動の紹介          専科4期 史跡ロマンウォーク   11:21~11:36
  5. マジック              第28期 びっくりマジック28  11:38~11:52
  6. ケーナ演奏             専科4期 難波昭夫(個人・健康) 11:54~12:09
  7. 手品                専科4期 手品クラブ       12:11~12:26

   ○○○ 昼休み ○○○                       12:26~13:00

  1. オーラ・リー その他        専科4期 オカリナ「ウインド4」 13:00~13:09
  2. 八段錦・不老拳           第28期 太極拳「八拳クラブ」  13:11~13:25
  3. 朗読                第27期 知朗人         13:27~13:42
  4. 子鹿のバンビ・その他        第27期 オカリナ27      13:44~13:52
  5. カイマナビラ・その他        第27期 カウイ27(ウクレレ) 13:54-14:09
  6. 健康太極拳             専科4期 太極拳クラブ      14:11~14:26
  7. タフワクワイ・その他        第28期 マカマカ・ウクレレ28 14:28~14:43
  8. マジック              第27期 マジック27      14:45~15:00


作品展示 出展一覧

27期展示責任者  黒澤 晃
28期展示責任者  富井芳 巳
専科4期責任者   木村一生
27期
展示会場 クラブ・個人 区分 所 属 氏 名 所 属 氏 名
31教皇 水彩画 絵画 地域創造 端 清照 ふるさと 戸張 久男
美術工芸 品田 恭平 美術工芸 河原 進
美術工芸 白井恵美子 美術工芸 高橋加代子
美術工芸 谷川 幸子 美術工芸 木村 皖英
美術工芸 齋藤 康二 美術工芸 佐久間秀雄
美術工芸 野々村一彦 美術工芸 内田 禮子
美術工芸 関矢 勇 美術工芸 小和瀬七郎
美術工芸 齊藤 義信
個人出展 絵画 美術工芸 内田 禮子 美術工芸 江森 典子
美術工芸 小和瀬七郎 美術工芸 加藤 健二
美術工芸 佐久間秀雄 地域創造 酒井 利子
地域創造 中條アサ子
個人出展 陶芸 美術工芸 小和瀬七郎 美術工芸 佐久間秀雄
個人出展 ガラス工芸 美術工芸 小倉 雅昭
個人出展 手芸 美術工芸 神代エミ子
個人出展 生花 ふるさと 松澤 小末
個人出展 書道 美術工芸 小倉 雅昭 ふるさと 清治 豊
個人出展 写真 美術工芸 黒澤 晃 福祉環境 深澤 勲
個人出展 能面 ふるさと 大井 正行
個人出展 彫刻 ふるさと 金山 豊美
篆刻2火会 福祉環境 森脇サツ子 ふるさと 清治 豊
美術工芸 小高 棣 美術工芸 金子 義哉
美術工芸 楠田 節子 美術工芸 神代 笑子
美術工芸 黒澤 晃 美術工芸 小西 利幸
美術工芸 坂本 博秀 美術工芸 佐々木和夫
美術工芸 品田 恭平 美術工芸 田中 長光
32教室 手習い27 書道 ふるさと 清治 豊 ふるさと 中田 勝彦
ふるさと 金山 豊美 美術工芸 坂本 博秀
美術工芸 小高 棟 美術工芸 楠田 節子
美術工芸 田中 長光 地域創造 林 純華
福祉環境 小澤 清江 福祉環境 家泉サダ子
福祉環境 松山 孝基 福祉環境 森脇サツ子
福祉環境 山本小夜子
個人出展 版画 美術工芸 小和瀬七郎 美術工芸 齊藤 義信
美術工芸 齋藤 康二 美術工芸 佐久間秀雄
美術工芸 佐々木和夫 美術工芸 品田 恭平
美術工芸 白井恵美子 美術工芸 関矢 勇
美術工芸 田中 長光 美術工芸 谷川 幸子
美術工芸 野々村一彦 美術工芸 坂本 博秀
美術工芸 高橋加代子
個人出展 ふるさと 島田 精一
写真同好会 写真 美術工芸 加藤  健二 美術工芸 河原 進
美術工芸 神代 笑子 美術工芸 黒澤 晃
美術工芸 齋藤 康二 美術工芸 坂本 博秀
福祉環境 森脇サツ子 福祉環境 我妻 君彦
地域創造 大堀 重雄 地域創造 林 純華
個人出展 水彩画 ふるさと 島田 精一
パソコン教室 PC27 クラブ活動 地域創造 大堀 重雄 福祉環境 浅見 昭子
福祉環境 濱島 正枝 福祉環境 星 守
福祉環境 横川 義計 福祉環境 我妻 君彦
ふるさと 大井 正行 ふるさと 長南みどり
ふるさと 佐藤 勝次 ふるさと 原田 隆夫
ふるさと 山本 稔 美術工芸 荻原 裕子
美術工芸 金子 善哉 美術工芸 神代 笑子
福祉環境 鈴木みどり

28期
展示会場 クラブ・個人 区分 所 属 氏 名 所 属 氏 名
11番教室 個人出展 陶芸 福祉環境 田部井 緑 地域創造 大島 俊光
個人出展 絵画 美術工芸 河野美津子 美術工芸 高鹿 敬江
個人出展 美術工芸 高鹿 敬江
個人出展 写真 ふるさと伝承 奈良原 登
個人出展 俳句 ふるさと伝承 長谷川正利
個人出展 手工芸 地域創造 清水 幸雄
陶芸クラブ
二八陶芸クラブ
陶芸 地域創造 渡邊 勝則 福祉・環境 田部井 緑
福祉・環境 小島 健 福祉・環境 仲野 健次
ふるさと伝承 羽鳥 和子 ふるさと伝承 川名 節子
ふるさと伝承 室田 昌男 美術工芸 坂田 省吾
美術工芸 小川 幸夫
絵画クラブ
28・彩
絵画 美術工芸 安田 勲 美術工芸 瀬田 善克
美術工芸 澤田 勝彦 美術工芸 中田 友幸
美術工芸 須田 巌 美術工芸 島村 公三
美術工芸 高鹿 敬江 美術工芸 岡谷 賢二
美術工芸 井芹 篤 美術工芸 会田 吉成
美術工芸 長谷川厚子 美術工芸 山野辺 寛
美術工芸 久本 喜生
史跡探訪クラブ クラブ活動
報告(写真)
ふるさと伝承 大江 満男 ふるさと伝承 鈴木 登起
ふるさと伝承 山崎かど代 福祉・環境 近藤 春江
福祉・環境 姫路 恵子 美術工芸 千葉 孝夫
美術工芸 森本ハル子

専科4期
展示会場 クラブ・個人 区分 所 属 氏 名 所 属 氏 名
パソコン
教室廊下
パソコンクラブ クラブ活動 健康 北村和子 郷土 木村 一正
健康 小林テルエ 郷土 高野 陽子
健康 島田 裕明 郷土 福田 洋輔
健康 田村あや子 郷土 吉野 道子
健康 根本 伸英 郷土 若林 妙子
健康 宮崎よしい ボランティア 内田 倍久
郷土 江野 葉子 ボランティア 加藤 清
郷土 金井 利二 ボランティア 高岡 光一
郷土 木村 一成 ボランティア 渡辺 丹子
33教室 絵手紙 絵手紙 健康 石川 永江 郷土 北原 雅臣
健康 江利川富江 郷土 高橋 静江
健康 小久保正男 郷土 根岸きく江
健康 難波 昭夫 郷土 牧 哲生
健康 野原 弥生 郷土 山下 成久
健康 橋爪久美子
陶芸 陶芸 健康 清水 克夫 郷土 片山 進
健康 小久保喜美代 ボランティア 伊藤知恵子
郷土 新井 幸雄 ボランティア 飯島 廣美
郷土 岡田 光男
史跡ロマン クラブ活動 健康 石井 清子 郷土 柴田 博
健康 秋元 茂子 ボランティア 小澤恵美子
郷土 青木 明雄 ボランティア 小林 昭彦
個人出展 絵画 健康 秋元 茂子 ボランティア 加藤 清
健康 篠崎久子
個人出展 手工芸 健康 清水 克夫 ボランティア 加藤 清
郷土 山本 功子 ボランティア 渡辺 丹子
個人出展 健康 大塚 矩子


バナースペース

課題学習のページ
第27回学園祭
  

彩の国いきがい大学東松山学園

〒355-0072
埼玉県東松山市石橋1587

TEL 0493-22-0295
FAX 0493-22-1648